エラーをなくすための第一歩

おはようございます。

塾長の平尾です。

先日は小学生のお子さんの初めてのレッスンでした。

無料体験に来られた理由は

「試合でポロポロする」

「一向に上手くならない」

でした。

守備で悩んでいるお子さんによくある傾向です。

まず「試合でポロポロする」ですが、逆に試合ではポロしてもいいんですよ。

「いやいや、ダメでしょ!」

という声が聞こえてきそうですが本当です。

ただ、前にポロするか後ろにポロするかの違いです。

守備の場合、捕ることが最大の目的ではありません。

そうです、アウトにすることが目的なので、ポロしてもアウトにすればいいんです。

どうしても捕れなかったら気持ちが守りに入ってしまいます。

するとどうなると思いますか?

足が止まってしまい、後ろにポロする確率が高くなります。

後ろにポロしてしまうと、アウトになる確率が非常に低くなってしまいます。

打球は勢いよく向かってきます。

なのに気持ちが守りに入ってしまえば、勢いのあるボールに負けてしまい、無残にも勢いよく後ろに転がっていきます。

なので、まずは捕ろうとしてはいけません。

足を止めず、前に攻めていくことです。

そうすることで後ろではなく、前にはじくことが多くなります。前にはじいたボールを投げてアウトにすればいいのです。

難しくないですよね?

一度それを続けてみてください。

続けていくうちにいつの間にか捕れる確率が高くなっていることに気付くはずです。

是非、勇気を持って思いっきりプレーしてみましょう!!

無料体験のお問い合わせ

06-4397-7673

初心者コース

小学生コース

中学生コース

#練習方法

Featured Posts